将棋学習で押さえるべきポイント

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月にオンラインの将棋教室を立ち上げて早いもので4か月が経ちました。
その間、リアルの教室では接点のなかった約25名の子に新たにご参加いただきました。初めての場に、オンラインで参加するのはとても勇気がいることだと思っています。改めて御礼申し上げます。

今回は、夏休みのよいタイミングだと思い、その子達に向けて、将棋の学習で押さえるべきポイントをまとめてお伝えしたいと思います。
(このブログの読者の方には既知の内容だと思いますが、頭の整理にお役立てください。)


将棋スキルの構造

物事に取り組む時に避けて通れないのが基礎固め。将棋の場合、基礎は「読み」「大局観」「形勢判断」の3点です。

建物に例えれば、それらの基礎が土台で、定跡や手筋、最近のAIによる新しい指し方などは上物に該当します。建物を建てるためには土台と上物の両方必要ですが、土台がしっかりしていなければ、いくら良い上物を用意したとしてもぐらついてしまいます。(建物の土台をスポーツの基礎体力と言い換えることもできます。)

そして、それらの基礎の中で、子供がまず鍛えるべきは「読み」の力です。

【ご参考】
将棋の基礎とは何か?
将棋スキルの構造

「読み」の練習法

では、「読み」の力を鍛えるためにはどうしたらよいでしょうか? その練習に最適なのが詰将棋(や必至、寄せの問題)を解くことです。

詰将棋を解くのは終盤力を上げるため、という説明を良く耳にしますが、、、正しくは、詰将棋を解くのは読みの力を上げるため、読みの力が向上した結果、終盤力(もちろん中盤力も)の向上に必要な土台がしっかりする、だと考えています。

そして、一言で「読み」の力と言っても、スポーツの基礎体力と同様に、”瞬発力”と”持久力”があります。

まずは「読み」の瞬発力を鍛えるために、詰将棋ハンドブックシリーズで練習し、3手詰=10分、5手詰=15分、7手詰=20分、で1冊を解き終わるまでやり込みましょう。(ここまで来れば、将棋会館道場の初段になるための「読み」の力が備わったと言えます。)

大会での優勝や研修会での昇級などを目指し、さらに上達したい子は、瞬間的に手が見える能力だけではなく、考えを練る能力も求められるので、「読み」の持久力も鍛えることをおススメします。これには、詰将棋ハンドブックよりも長い9~15手詰くらいの手数の問題を解く、つまり、一目では解けない、数分考えて頭を整理していかなければ答えに辿り着かない問題を解くこと、が有効です。(そのくらいの手数の問題集、将棋世界の詰将棋サロン、詰将棋パラダイスの小学校/中学校/高校、が該当します。)

【ご参考】
詰将棋練習法

戦法の選択

「読み」=土台、をしっかりさせた上で、「得意戦法」=上物を作りましょう。

戦法を選ぶにあたって前提になるのは、将棋の戦法に優劣はない、です。好きな戦法、指していてしっくりくる戦法を選びましょう。(プロ棋士やAIの世界では、○○の戦法の評価が低い、××の戦法は終わった、などありますが子供の将棋には全く関係ありません。)

そして、その戦法が、基本が身に付きやすい、相手の同意なしで指せる戦法であれば、なお良いと思います。

大会での優勝や、道場での昇級、昇段を目指すのであれば、抜けなくダブりなく戦法を組み合わせる、つまり、相手がどんな指し方で来ても、準備した形になるように戦法を組み合わせましょう。

【ご参考】
まずは1つの戦法を極めよう
戦法選択の話


以上に気を付ければ、将棋の学習で押さえるべきポイントを網羅でき、かつ、学習を効率化できるはずです。貴重な夏休みは、これまでの行動を振り返るよい機会。今後の学習の方向性を検討するための一助になれば幸いです。