CATEGORY

思考行動習慣

今は力を蓄える時

この1週間、立て続けに大きなお知らせがありました。 「大山名人杯争奪 第19回全国小学生倉敷王将戦」の開催中止について 2020年度「将棋日本シリーズ」こども大会(大阪/東京)開催見送りのお知らせ 倉敷王将戦は、全国大会の中止に合わせて都道府県大会も相次いで中止になりました。テーブルマークこども大会は、大阪/東京大会の2大会の中止で、今年度予定されていた全11大会の中止が決まりました。 今年は、小 […]

言葉が自分を創る

将棋を始めて数年が経った高校生の時、高校生やアマチュアの大会で少しずつ全国大会に出場できるようになって、将棋世界や将棋年鑑に名前が載っている高校生強豪やアマ強豪とお会いしてお話しする機会が増えてきました。そこで気付いたのは、大会の優勝など結果を残す人達は、考え方や使う言葉が違うということでした。 その後、大学生や社会人になって、プロ棋士や奨励会員とお話しする機会もありましたが、プロとアマで住む世界 […]

少しずつ前へ進む

先週末は、小学生名人戦東日本大会と低学年ドラ王座戦(A、B級)でした。久しぶりのリアル大会に参加された皆さま本当にお疲れさまでした。 大会後は、必ず振り返りをしてほしいと思っています。この手が悪くてこう指すべきだった、と局面の振り返りをするのも良いですし、終盤の寄せが上手くいかなかったから、寄せの勉強を重点的にしよう、と日々の練習に落とし込むことができればなお良いと思います。 今回は、この2つの大 […]

相手の手を考える

7月のオンライン勉強会は、”凌ぎ”をテーマに実施します。将棋を指さない人にはあまりなじみのない言葉かもしれません。凌ぎとは、受けに属する言葉で、自玉付近の戦いでの受けを意味します。 受けや凌ぎが上手くなるポイントは、相手の手を考えることだと考えています。攻めは、自分がこう指したい、こう攻めたいという自分主体のみで考えてもある程度は上手くいくのですが、受けは、相手の攻めに対し […]

誰にでもある悩み

教室を運営していると、将棋に関する様々な相談を受けます。 将棋の勉強方法、棋力の伸び悩み、取り組む戦法の選び方、大会に向けた準備の仕方、現在の課題の把握、、、など、挙げればキリがありません。さらに、棋力が上がれば上がるほど、親子の悩みが深くなっていくという傾向があるとも感じています。 そこで今回は、将棋に取り組む中で私が悩んだ経験とその経験から学んだことについて書きたいと思います。 1つ目は、将棋 […]

ありのままを受け入れる

受講生の皆さんはよくご存じですが、この教室では毎週のオンライン勉強会の後に詰将棋の宿題があります。全10問(10点満点)で、級位者は1~2点、有段者でも4~5点はよくある事です。さらに、解答用紙を写真で送付してもらい、氏名、点数、所要時間を一覧化した参加者の結果を共有しています。 (賛否両論あるのは認識しつつも) なぜこのようなシステムにしているのか、今回はその理由をご説明したいと思います。 将棋 […]

将棋への思い

今月から、オンライン勉強会の開講時間が変更になり、朝6時からスタートします。自称、日本一朝早い将棋教室!(笑) 時間を変更した理由の1つは、緊急事態宣言が解除されて社会が動き出したから、ですが、もう1つは、思い入れを持って物事に打ち込んでほしいから、です。 特に早朝からスタートする3部の子は、子供大会の県代表、日本一や、プロ棋士を目指している子が一定数いるのでなおさらです。 実は昨年の6月末まで、 […]

才能とは何か?

激動の2020年、早いもので6月に入りました。この教室を始めて間もなく2年半になります。 2018年1月に千葉県印西市を始め、縁があり個人指導や葛飾区での教室がスタートし、しばらくしたら港区でも教室を行うようになり、2019年1月には船橋市で研究会、教室が立ち上がり、その半年後には、港区の教室が隔週になり、最近はオンライン教室にチャレンジし、、、 振り返ると、この教室がどこに向かっているのか、運営 […]

多様性

「将棋には、本当にいろいろな指し方があるんですよね。」 2003年、大学3年生の冬、当時住んでいた滋賀県草津市から電車圏内の滋賀県長浜市で竜王戦七番勝負(羽生竜王-森内九段)の対局が行われることを知り、大盤解説会場に足を運びました。そこで、偶然にも面識のある観戦記者の方とお会いし、控室の検討、局後の感想戦を見学させていただけることになりました。震えるほど洗練された空間、時間が昨日のことように思い出 […]

しなやかさ

中学2年の夏に将棋を始めて5~6年ほど経ち、高校、大学、社会人の全国大会を何度か経験した頃、ふとある問いが頭に浮かびました。 「常に優勝する人と一度しか優勝できない人、長期的に勝ち続ける人と一定期間だけ勝つ人、その違いは何だろう?」 アマと言えども層は厚く全国大会に行けば実力の差は紙一重、プロはなおさらです。それなのに、アマもプロも特定の人にタイトルが集まるのが不思議でならなかったのです。 そこで […]